contact new onmouseout= online shop press about top
IMGP0207のコピー

耳の花びらのお花
参考作品

花脈の一部が耳状に発達するが耳としての機能はない。耳形に広がった花脈を骨組みとしてES細胞やIPS細胞を付着させ、人口の耳を生産するために開発された。植物の花脈を利用するため拒否反応がないとされている。

EAR flower

IMGP0243

オレンジの皮と貝(パール)のキメラ果実
カビもパラサイトしております。

¥4725- ピアス

Details »

oranpi_ncp

お花のピアス

ピアス ¥3675-

bolebole flower

IMGP0099のコピー


耳の花びらのお花
ピアス ¥3675-

Details »

ear flower

耳の花びらのお花
参考作品

Details »

ear flower

IMGP0126のコピー

耳の花びらのお花
参考作品

Details »

EAR flower

耳の花びらのお花
ピアス ¥4200-

Details »

ear flower

耳の花びらのお花
ピアス ¥4200-

Details »

EAR flower

chimeramigi

2072年、人口爆発による甚大な食料不足が起こる。

食糧目的としてキメラ生物の創造が全面容認され、それ以降数々のキメラ生物が数多く誕生した。

植物や魚類のDNAを操作することで、質の良いたんぱく質を手に入れることができ、またウィルスや菌のDNAを書換え遺伝子操作することで新たな資源の創造も可能にした。

2102年の錬金術成功以降、人々は豊かな暮らしを簡単に手に入れることが出来た。

人間部品産業や医療の発展に比例し人々から寿命という概念は消え去り世界は人口過密状態になった。

この深刻な状態を打開すべく、2112年、管理者による間引き案 ”進化論” が実行された。(同年日本人ロボット製作者Aによりドラえもん誕生)

”進化論” とは、妊娠の禁止、出産の禁止(優生学の実施と出産によるリスク回避のため)等々、10項目からなるプロジェクトである。

妊娠が禁止されたことにより人々はデザインベイビーはもちろん、より多様化したベイビーを創造するために積極的にキメラを取り入れた。

キメラ技術とクローン技術の発展に伴い続々とキメラヒューマンが現れるが、キメラヒューマンには生殖能力がなかった。(必要なかった。)

クローニング技術を使ったファミリー増員権の獲得に一時争いのようなものが起こったが、火星移住計画が成功すると共におさまり、その後自由にファミリーデザインが出来るようになった。

2122年、遺伝子調査の結果20万年続いた新人の絶滅が確認された。そしてキメラクローンによる精密部品生命体が太陽系人類となった。

という設定を元に作ったのがニューキメラパラダイス(ncp)シリーズです。(あまり商品には反映されてないかもしれません。。。)
少しづつアップしていきます。

キメラ系統樹_new chimera paradise

オレンジの皮のバレッタ

バレッタ ¥6300-

Details »

Orange Peel_ncp